《便利お得情報》4kw程度の太陽光発電を自宅に導入した時の年間予測発電量

太陽光発電における発電量というのは、住んでいる地域や屋根の角度、方位などで大きく異なります。
なのでエリア毎の発電量に関する全ての情報を集めるためには、かなりの手間を必要とするのです。 一時全国の原子力発電所が停止しましたが、最近になってまた原子力発電所の再稼働が話題となっています。
福島第一原発の悲劇を繰り返さないためにも、太陽光発電を利用して電気事情に協力をしてみませんか?太陽光発電の設置に関するメーカーや電力会社主催の地域を絞った太陽光発電のセミナー等に是非とも参加をしてみてください。
地域に密着した太陽光発電の過去データを把握することが出来るので、大変役立ちます。

 

もし4kw程度の太陽光発電を導入した時の年間予測発電量というのは、4500kwh〜5400kwh程度を期待することが出来ます。
この数字を電気料金に置き換えると、固定買取制度で計算してみると、おおよそ17万円〜20万円前後の換算電気料金になります。



《便利お得情報》4kw程度の太陽光発電を自宅に導入した時の年間予測発電量ブログ:2021-11-24

8時一番多く食べて、
21時にかけて食べる事量を減らしていく、
「8時大、21時小」の食べる事の摂り方が
減量の大原則です。

食べる時間帯の摂取カロリー量を調整するだけでも
減量効果は大きく異なるのです。

日本人にありがちなの食べる事パターンが、
8時は忙しいのでちょっとだけ食べて、
13時はそこそこ食べる、
そして21時に沢山食べるパターンです。

このような食べる事の摂り方は、
いくら摂取カロリーを減らしていたとしても
体重が落ちにくい食生活といえます。

と言うのも
8時はエネルギー消費がもっとも高くなる時間帯なので
沢山食べてもエネルギーとして使われるので
太りにくいのです。

8時しっかりと食べることは
1日のエネルギーを蓄える為にも重要な、
食べる事の時間帯であり、
減量に限らず健康面でも重要なことですね。

8時食べずに
13時と21時のみしか食べない人は要注意です!
これはとても太りやすい食生活!
お相撲さんが太るためにやっている食べる事方法です。

逆に21時はエネルギー消費が低下する時間帯なので、
食べたものが体脂肪として蓄えられやすくなります。

特に夕食で
揚げ物など脂質や炭水化物が多い食べる事はとても太りやすい!
だからこそ21時は食べる事量を抑える必要があるのです。

…ということで、
減量での正しい食べる事の摂り方は、
8時から21時にかけて摂取カロリーを減らす、
「8時大、21時小」の食事の摂り方になるわけです。

8時しっかり食べることでエネルギーを蓄え、
21時は脂肪の蓄積を抑えるために食べる事量を減らす。
これが太りにくい食べる事方法であり、
健康面でもとても好ましい食べる事の摂り方なのです。

8時がどうしてもたくさん食べれないという人は、
13時を少し多めに食べるようにして、
2:3:1の割合で食べるようにしましょう。