《便利お得情報》覚えておきたい太陽光発電の知識

災害などで停電となってしまった場合には、家庭用の交流電力に変換をすることとなるパワーコンディショナーが自動的に停止します。
ですので太陽光発電もいつも通りに使用出来るわけではなく、非常用のコンセントが作動し使用することになるのです。 日に日に太陽光発電を設置するご家庭が増えてきており、現在では自然再生エネルギーが注目されています。
貴方の自宅に太陽光発電が導入されれば、きっとこれまで考えられなかったほどの節電が実現することでしょう。もしも停電になった場合、携帯電話の充電や冷蔵庫などといった最低限必要な電化製品のために、非常用コンセントを利用するようにしましょう。
生活に支障の無いゲームやその他ムダな電化製品の利用は控えるようにしてください。

 

引っ越しをすることになったとしましても、太陽光発電というのは基本的に移設をすることが出来ます。
しかし架台は移設先の屋根の形状や屋根材に応じて変更することとなりますので、取り外しと設置の両方の工事費用が必要となります。

傘立てについてのサイト
http://www.gomibako-ism.com/fs/gomibako/c/umbrellastand/
傘立て



《便利お得情報》覚えておきたい太陽光発電の知識ブログ:2021-10-26

減量しよう!と一念発起した人の中には、
いきなり水泳とかジョギングといった負荷の重いトレーニングを
始める方もいらっしゃるようです。

確かにこういったトレーニングをやると、汗もかきますし、疲れますから
「減量やってるなあ」
という実感がわくかもしれませんね?

ところが減量というのは、
「1回にどのくらい激しいトレーニングをしたか」ということよりも
「どのくらい継続してトレーニングをしたか」
ということの方が重要だったりするんですよね。

実際、日々やっていないと、
トレーニングの効果はどんどん少なくなっていくことが証明されています。

例えば、
24時間おきにトレーニングをしていても、
日々トレーニングをしている人と比べると
その効果は1割減少してしまうそうです。

もしみっかおきにトレーニングしているというのなら
そのトレーニングにおける効果というのは
日々やっている人と比べると
実に半分になってしまうんですって!

7日間に一度しかトレーニングしていない場合には、
日々トレーニングしている人と比べると
その効率は、2割にまで減少してしまうという恐ろしいデータも…

ですから、激しいトレーニングをやるというよりも、
簡単にできるトレーニングを、
いかに日々続けていくことができるか
ということに重点を置くべきなのです。

例えば…
ウォーキングなら、電車通勤をしている人は、
最寄りの駅まで日々の日課になっているのではありませんか?

確かにウォーキングは、負荷は少ないかもしれませんし、
「トレーニングをやった感」もないかもしれません。

でも、たとえ充実感を得られなかったとしても、
日々コツコツとやっていくことの方が、
かえって減量には効果的だったりするのです。

減量は、自分のペースでゆっくりとが基本なのです。